人気の転職サイト(登録無料)

美容外科医という選択について

医師の皆様は、今現在の診療科でできる限りの事をして患者の命を救ったり、患者の苦痛を和らげたり、日々尽力していることと思います。
今回は、医師として患者に出来る事の一つとして、美容外科の道をご紹介しましょう。
美容外科の仕事内容や求められるスキルとは、一体どのようなものなのでしょうか?

美容外科医の仕事

美容外科の分野は、大学の講義などではあまり触れられておらず、詳しくない医師の方も多くいらっしゃることでしょう。
同じ医師免許を有している医師が医療行為を行うわけですから、美容外科についても自分の進路・転職先の一つとして視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

美容外科は基本的に大学病院や市中病院ではなく、開業医として働きます。
また、保険適応外で、自由診療となる場合がほとんどです。
一般的な診療科とはシステムや仕事内容が大きく異なる美容外科の分野について、あまり詳しくない方も多いかと思われます。
そこで前半は、そんな美容外科医の業務内容について、ご紹介していきたいと思います。

 

美容外科医の業務内容

まず、美容外科になるためには、形成外科学や皮膚科学などの外科的分野を学ぶ必要があります。
基本的な皮膚・器官の構造や縫合技術などを学んだうえで、美容外科医の道を選択される医師の方が多くいらっしゃいます。

 

美容外科は美を追い求める女性だけを相手にする医療ではない

実は、美容外科医が扱う分野というのは、多岐にわたります。
まぶたを二重にしたり鼻を高くしたり顎のえらを削ったりなど、患者それぞれの主訴は様々なのです。
まぶたの治療だけでも切開法や埋没法など、様々な手技を習得する必要があります。
また、顔だけが美容外科医が担う分野というわけではありません。
豊胸手術や脱毛治療なども、美容外科医が行う治療の一つです。

 

小学生の娘にレーザー脱毛

近年では、小学生の娘にレーザー脱毛をさせてあげたいといった親御さんも増えています。
子供の敏感な皮膚に施術するからには、「信頼のおける美容外科を受診したい!」というように、美容外科医のニーズは高まっています。

 

中年男性の美容意識

また、美容外科に来院する患者は女性だけではありません。
男性の方々も美容外科を受診する事が、一般的になりつつあります。
とくに中年男性の美容意識が高まっていると言われています。

 

「部下からいつも怒っているように見られる。」「表情を柔らかくしたい。」などといった理由から、眉間のしわを取り除いたり、ほうれい線を目立たないようにしたりする治療を希望される方が増えているのです。
「女性が多い職場なのでセクハラだと思われないように身なりを整えたい。」という理由で髭の永久脱毛を希望される患者も多くいます。

 

このように、美容外科は美を追い求める女性だけを相手にする医療ではないのです。
今や、子供や男性などあらゆる人が美容外科の対象となるのです。

 

ですので、美容外科では、患者一人一人が持つ悩みに寄り添い、一人一人に最適の治療を提供していく必要があるのです。

 

美容外科医に求められるスキル

先天的な奇形などを有する患者の形成術などもまた、形成外科が行います。
美容外科は、「美容」を目的に行う治療です。

 

美容外科に訪れる患者のニーズは様々です。
気持ちを前向きにしたい、モテたい、より美しくなりたい、若々しく見られたい、など様々な要望に応えていく必要があるでしょう。
患者一人一人がより良い自分に生まれ変わりたいがために、自費診療にもかかわらず、どこにも痛みがないのにも関わらず、病院を受診するのです。

 

それを踏まえて、次にお話ししたいのが、他の診療科とは違う美容外科ならではの、美容外科医に求められるスキルについてです。

 

患者の気持ちの面に深く寄り添うスキル

美容外科医にはそのような患者の気持ちの面に深く寄り添うスキルが求められます。
自分の容姿に長年悩みを抱え、そのせいで就職や恋愛がうまくいかないと思っている患者もいます。
皆さん、美容外科に相談したら何かが変わるのではないかと期待を胸に来院するのです。
そのような期待に応え、美容外科医として医療技術で患者の気持ちを救うことが美容外科医に求められることなのです。

 

一方、来院する患者のニーズに全て応えればいいというわけではありません。
患者の中には美容手術の虜になり、何度も繰り返す中毒状態の方もおられます。
その処置が患者にとって本当に必要なのか、その治療によって患者の人生はより良いものになるのか、患者の背景をも踏まえてしっかりと判断する能力が美容外科医には求められるのです。

 

美容外科医には、美的感覚も備わってなければなりません

また、美容外科医は時には人の顔を変えます。
目元を二重にしたり、鼻を高くしたり、人の顔を変えるという事は、とても大きな責任を負います。
例えば、二重についても、二重幅が0.1mm異なるだけで顔の印象が大きく変わるでしょう。
患者の求めている理想を踏まえ、そして患者本来の個性を生かしつつ、ベストな治療を施す事が大切です。

 

このように、美容外科医には、美的感覚も備わってなければなりません。
患者のニーズに答え、より美しい形態を提供する技術が求められるのです。

 

他の診療科と比べてトラブルが多い

また、美容外科は他の診療科と比べてトラブルが多いのも事実です。
あってはならないことですが、手術ミスの可能性や、手術の後遺症の可能性をしっかりと患者に説明してから治療を開始する必要があります。

 

また、治療後イメージしていた結果とは異なる、などといったクレームが入る場合もあります。
人によって美的感覚も異なるので正解が一つではないのが、他の外科とは異なる点です。
やり過ぎると不自然にもなりかねないような治療を、患者と医師がイメージをすり合わせてベストな結果を生み出すスキルが美容外科医には求められるのです。

 

美容外科医によって、患者のその後の人生は大きく変わります。
美容外科医の治療を受けたことによって、仕事や恋愛、人生に前向きになれる方がたくさんおられます。
美容外科医として患者にできるベストな治療法を模索し、そしてその治療が患者の人生にとって本当に必要な者なのかを見極めることが、美容外科医に必要な大切なスキルの一つなのです。

 

美容外科の世界では女医の方が数多く活躍されています。
患者が女性の場合は特に、同性の医師の方が相談しやすく安心できる面も多いからです。

 

また、女性ならではの視点での気遣いや心配りにも定評があります。
美容外科の分野は、男性医師ももちろん活躍していますが、女医もその能力を最大限発揮できる場なのです。

 

美容外科は大変やりがいの感じられる仕事

このように、美容外科は大変やりがいの感じられる仕事です。
美容に興味のある方はもちろん、病気以外のコンプレックスなどに悩む患者の気持ちに寄り添い、医学的な知識・技術を駆使して患者の力になりたい、と思う方には美容外科医は大変おすすめである進路・転職先です。
患者の苦痛を取り除きたい、患者とその家族を笑顔に幸せにしたい、という気持ちは医師なら誰しもが共通に持つ新年なのではないでしょうか。

 

美容外科医は他の診療科にはない視点から、患者に寄り添い治療をし、きっとやりがいを感じられる仕事であると思います。
他の診療科への転身を考えている方は、ぜひ美容外科という道も考えてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、美容外科医の仕事内容や求められるスキルについてお話ししてきました。
美容外科医の仕事は多岐に渡り、患者の気持ちに寄り添う事が大切です。
患者の苦痛を取り除き、笑顔にしたいという気持ちは医師なら誰しもが持っているはずです。
美容外科医として患者を笑顔にする道は、きっと、大きなやりがいを感じられることでしょう。

医師の転職サイト 厳選3社はこちら

医師転職ドットコム エムスリーキャリア マイナビDOCTOR

先生の転職満足度94.7%、年収アップ率146.6%40,000名以上の医師が選んだ転職サイト。求人数は業界最大級の39,480件以上。満足度94.7%と納得の対応とサポート。

≫詳しくは公式サイト

88.7%が年収アップに成功!エムスリーキャリア限定の非公開求人。転職した医師の満足度96.1%と高い評価。業界最高水準の条件交渉力。88.7%が年収アップに成功。

≫詳しくは公式サイト

独占求人、非公開求人も紹介可能!年収交渉、待遇交渉も医療機関と調整。希望に沿って求人をご提案。独占求人、非公開求人も紹介可能。産業医などの企業求人が充実。

≫詳しくは公式サイト

大手転職サイトは、各社で非公開求人が違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、医師転職サイトの最大手「医師転職ドットコム」は必ず登録をしておくと良いでしょう。

≫医師転職ドットコム公式サイト(無料)