人気の転職サイト(登録無料)

人気コンテンツ

良質な求人を探す技

「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」
それは探す場所が違うからです!質の良い求人はこちら!

無料で活用できる大手転職サイト

各サイトで保有している非公開求人が異なるので最低でも3サイト以上の「転職支援サービス」の併用をオススメしています。

ハローワークの上手な利用方法

ハローワークは月曜日が混みます。
土日に休んだ分、月曜日から気合を入れて仕事探しをするという人が多いからです。

 

混んでいると思うように職探しができないこともあります。
週半ばになるとだんだん人が減ってきて、土日を迎える金曜日にまた混雑し始めます。

 

また年度末の3月に契約が切れた社員が次の職を探すことが多いので、
4月は混雑する傾向にあります。

 

そこで、お勧めなのは比較的、空いている週半ばを狙うことです。
しかも、雨の日の午前中はさらに空いています。

また、求人の多い時期を狙うことも大切です。

 

求人の多い時期はボーナスの貰える時期が多い傾向にあります。
それはボーナスを貰ってから退職する社員が多くその補充をするため多くなっています。

 

また月初めにはたくさんの求人が入ってきて、月の終わりに近付くにつれ求人が減ってきますので月初めが狙い目です。

 

更新は午前4時から午前6時までの2時間となっているので、朝ハローワークのサイトをチェックすると新しい情報があります。
求人を見つけたらすぐに管轄のハローワークを訪れて、面接の予約を入れましょう。

転職に有利な時期とは?

転職を考えるなら、求人が多い時期に行いましょう。

 

確かに求人が少ない時期は競合も少ないので、その時期を狙うという手もありますが、少ない時期に転職活動をすると、通年で求人を出しっぱなしにしているブラック企業に引っかかったりする可能性が高くなります。

 

また求人が多い時期を狙う方が、より多くの選択肢から自分に合った企業を探すことができるのでメリットが大きいです。

 

求人が多くなる時期は一般的に1月〜4月、9月〜11月と言われています。
この時期に重点的に探すことをお勧めします。

 

逆に1月、8月と12月は求人が少ないので転職活動をするとしても、あまり積極的にやらずに様子見程度で活動しましょう。

 

特に3月、4月、9月10月の求人が多く、事業計画を半年ごとに再編する会社が多くそれに伴い求人を出す会社が多いのが理由です。

 

新卒の研修と一緒に中途社員の研修を一緒に済ませてしまいたいという会社もあるようです。他にも自身が退職する場合にもボーナスをもらって辞める社員が多く、退職者が多くなるのでその分補充をしなければならなくなるという会社もあります。

 

無理に焦って求人の少ない時期に探すのではなく、じっくりと比較しながら慎重に探せるような時期を狙って退職を考えるようにすることが大事です。

 

世の中にはこれだけ多くの企業があるのできっとあなたに合った求人は見つかります。

探すのに適している時間帯

ハローワークを利用するにあたって、探すのに適している時間帯があります。
それは「朝」です。

 

ハローワークの求人情報が更新される時間帯が朝6時頃となっているからです。
毎日午後9時30分時点の最新情報を更新する時間帯として覚えておくといいかもしれません。

 

新しい情報を見つけるのならば朝の6時頃から自宅でハローワークのサイトをチェックすることです。
できるだけ早起きしてインターネットを起動することをお勧めします。

 

朝早くにハローワークの予約をすることで、空いている時間帯に面接などの予約もできてしまいます。
かなり効率的です。

 

ハローワークが込んでいる時間帯は午後です。さらに月曜日と金曜日が込む傾向にあります。
週初めに仕事を探したり、休日前に再度探したりという考えの人が多いからです。

 

また、月末で会社を辞めるという人も多いことから、企業が求人を出し始めるのは月初めとなることがあります。

 

つまり、月初めの朝にハローワークで求人を探すようにすれば、かなり効率的に探すことができるということになります。探す時間を短縮することができますし、良質な求人にも出会える確率が高くなので、予備知識として覚えておいた方がいいかもしれません。

 

特に今、職を探している人にとって有効な情報と言えます。

ハローワークが強い求人

職探しにはいろいろな方法があります。
昔から利用されているものとしては新聞の求人広告や求人雑誌です。

 

現代的なものとしては求人サイトや人材紹介会社、就職イベントなどが挙げられます。
誰でも利用できて信頼できるものとしてはハローワークが有名です。

 

ハローワークが強い求人を覚えておくと、ハローワークの利用価値が高くなるかもしれません。

 

ハローワークの場合、地元の企業が最も強い求人と言えます。
なぜなら、地元の中小企業の情報が豊富に入ってくるからです。

 

しかも、年齢制限で再就職が難しいという方でも安心して探すことのできる求人もあります。

 

その代わり、給与面や待遇面はちょっと質が落ちてしまいますが、年齢制限に躊躇している人にとっては助かるはずです。

 

給与面や待遇面に関してどうしても譲れないものがあるというのなら、ハローワークは向いていないかもしれません。