鳥取県の医師求人|医師不足と医師転職事情について

先生方は鳥取県と言えば何をイメージしますか?
中には「砂丘以外には何も思いつかない」という先生もいるのではないでしょうか。
このように、あまり認知度の高くない鳥取県ですが、実は医療が充実しているのです。
今回は、鳥取県の医師転職事情と現状についてお話ししましょう。

鳥取県の医療の特徴について

鳥取県は人口10万人あたりの医師数が平均を上回っています。
それだけではなく、人口10万人あたりの医師数が、毎年全国10位以内となっています。
鳥取県に対してイメージのない先生方にとっては意外な結果だったのではないでしょうか。

 

また、鳥取県の医師数は増加傾向にあります。
60歳代の医師が増加し平均年齢の上昇が問題となっていましたが、最近は、30歳代の医師や研修医の減少も持ち直しの傾向にあります。

 

さらに鳥取県は2次保健医療圏のバランスが良いという特徴もあります。
各2次保健医療圏に中核病院が存在しており、消防や医師会、行政同士の連携も強いため、極端な僻地がほとんどありません。

 

このように、医療が充実している鳥取県ですが、課題も残っています。
それは、皮膚科や眼科などのマイナー科と呼ばれる診療科と産婦人科の専門医が少ないということです。
逆に言えば、マイナー科と産婦人科の専門医が必要とされていると言えるでしょう。
マイナー科、産婦人科の専門医をお持ちの先生は、鳥取県への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

 

鳥取県地域医療構想について

充実した医療を提供している鳥取県ですが、高齢化の対応が課題となっています。
これに対して、鳥取県では「鳥取県地域医療構想」を策定することでこの課題を解決しようとしています。
これにより、患者が、高度急性期、慢性期、在宅医療といった一連のサービスが、切れ目なく、また過不足なく受けられるようにしようとしています。

 

1つ目の取組は病床の機能の分化および連携の推進です。
これは急性期、慢性期などの役割分担を行い、そのネットワークを密にすることで、より多くの患者により良い医療を提供するというものです。
つまり、先生方には、自身の役割の認識と他の医療機関・医療従事者どのネットワークを密にすることが求められると言えるでしょう。

 

2つ目の取組は、在宅医療・介護の推進です。
在宅医療・介護は医師の関わりが医療機関よりも減ってしまう分、きちんと患者を把握する必要があります。
少ない関わりの中で、患者にとって何が必要か、どうするべきかを判断する能力が求められると言えるでしょう。
また、そのためには、普段患者と接する機会の多い訪問看護師などの話を聞くという能力も必要だと言えるでしょう。

 

3つ目の取組は医療従事者等の養成・確保です。
鳥取県では医療従事者の数が全国に比べ多いとは言っても、現場では医師不足に悩まされているのが現状です。
前述している通り、特に30歳代の医師や研修医、マイナー科・産婦人科の専門が必要とされています。

 

これらのことから、鳥取県で働く上では、他の医療従事者・医療機関と連絡を密にし、良好な関係を築く能力が求められることが分かります。
先生方にとっては、当たり前のことのように感じられるかもしれませんが、鳥取県のように地域完結型の医療体制を目指す現場ではとても重要な能力と言えるでしょう。
他の医療従事者と仲良くなるのが得意な先生は、鳥取県で働くことに向いているかもしれませんね。

 

まとめ

今回は、鳥取県の医師転職事情と現状についてお話ししてきました。
鳥取県は医療資源が比較的充実している一方、産婦人科やマイナー科の専門医、若手医師が不足しているという事でした。
また、鳥取県では医師に他の医療従事者とコミュニケーションをとり、良好な関係を築くことが求められているのですね。
鳥取県への転職を希望している先生方は、ぜひ本記事の情報を活かし、そのノウハウを貢献されてみてはいかがでしょうか。

人気コンテンツ

良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」 それは探す場所が違うからです!質の良い求人はこちら!

無料で活用できる大手転職サイト
各サイトで保有している非公開求人が異なるので最低でも3サイト以上の「転職支援サービス」の併用をオススメしています。