人気の転職サイト(登録無料)

兵庫県の医師求人|医師不足と医師転職事情について

兵庫県というと、オシャレでスマートな印象を持つ人も多いですよね。
地元が関西方面の方にとって、兵庫県で働くことは、ある種のステータスのように感じられるのではないでしょうか。
そんな兵庫県の医療の現状はどうなっているのでしょう。
今回は、兵庫県の医師転職事情と現状についてお話ししていきたいと思い
ます。

兵庫県の医療の現状について

兵庫県にはオシャレなイメージがある一方、高齢化率が全国平均に比べて高いという現状があります。
また、医療介護を必要とする人は今後さらに増え続け、全国平均を大幅に上回ることが予測されています。
さらに、人口減少率も全国平均よりも大きく、今後生産年齢が5年で約10万人ずつ減っていくことが予測されているのです。

 

しかし、その一方で医師の数や在宅療養支援施設は全国平均を上回っています。
そして今後も、医療資源の供給は全国平均を上回っていくことが予測されています。
つまり、兵庫県はさらに深刻化する高齢化社会に対応していく力があると言えるでしょう。
医師不足が問題となっている中で、この状況は嬉しいですよね。

 

しかし、喜んでばかりもいられないのも現状です。
兵庫県の医師数が全国平均を上回っているのは、あくまでも神戸など、中心部に位置する地域に医師数が多いからなのです。
播磨や淡路といった地域では、医師数は全国平均を大きく下回り、医師の偏在が問題となっています。

 

つまり、兵庫県では医師数自体は全国平均を上回っているものの、医師の偏在が問題となっており、地域によってはまだまだ医師数が足りないと言えるでしょう。
医師の偏在を解決するために、今後の高齢化に対応していきたいという先生方は、ぜひ兵庫県に転職してみてはいかがでしょうか。

 

兵庫県と災害医療機関について

兵庫県の災害医療と言えば阪神・淡路大震災ですよね。
まだ記憶に新しいという先生方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

兵庫県には4つの活断層帯が存在しており、今後も大きな地震が起こることが懸念されています。
特に南海トラフ地震が発生する確率が高く、瀬戸内海沿岸部を中心に注意が必要とされています。

 

そのような中で、3次救急医療機関から30分圏内人口は約65%となっています。
前述した通り、今後さらに高齢化が進む事を考えると、より医療機関へ受診時間がかかることが予測されます。
しかしながら、一方で、高齢化により病態の悪化が急速になることが考えられ、より医療機関への受診時間が短くなることが求められます。
このように、兵庫県では救急医療の確保が問題となっています。

 

もちろん、救急医療の確保が重要だからといって、救急医だけが必要な訳ではありません。
脳に損傷があるような場合には、脳神経外科を専門とする医師が必要です。
肝損傷などの臓器の損傷の場合には、消化器外科を専門とする医師が必要です。
災害時に糖尿病患者に対応するためには内分泌・代謝を専門としている医師が必要です。
このように、全ての診療科が災害医療においては力になります。

 

救急医の先生はもちろん、「救急を専門としてはいないけれど、救急医療に興味がある。」「災害医療に携わりたい。」という先生は、兵庫県への転職を考えてみてはいかがでしょうか。
「災害医療の場面で役立てるか分からない。」と悩む先生もいるかもしれませんが、今転職して災害医療について学べば、災害が起こった際、きっと兵庫県の人々を救う一員となるはずです。
悩むより一歩踏み出してみることをおすすめします。

 

まとめ

本記事では、兵庫県の医師転職事情と現状についてお話ししてきました。
兵庫県の医師数は全国平均を上回っており、一見すると医師が足りているように思えるものの、僻地に関しては医師の偏在が問題となっています。
また、災害時の医療も今後の課題となっているのですね。
「兵庫県の医師の偏在を解決したい。」「災害医療に関わりたい。」という先生方は、兵庫県への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

医師の転職サイト 厳選3社はこちら

医師転職ドットコム マイナビDOCTOR エムスリーキャリア

先生の転職満足度94.7%、年収アップ率146.6%40,000名以上の医師が選んだ転職サイト。求人数は業界最大級の39,480件以上。満足度94.7%と納得の対応とサポート。

≫詳しくは公式サイト

独占求人、非公開求人も紹介可能!年収交渉、待遇交渉も医療機関と調整。希望に沿って求人をご提案。独占求人、非公開求人も紹介可能。産業医などの企業求人が充実。

≫詳しくは公式サイト

88.7%が年収アップに成功!エムスリーキャリア限定の非公開求人。転職した医師の満足度96.1%と高い評価。業界最高水準の条件交渉力。88.7%が年収アップに成功。

≫詳しくは公式サイト

大手転職サイトは、各社で非公開求人が違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、医師転職サイトの最大手「医師転職ドットコム」は必ず登録をしておくと良いでしょう。≫医師転職ドットコム公式サイト(無料)