三重県の医師求人|医師不足と医師転職事情について

紀伊半島の東側に位置し、南北に細長い形をもつ三重県。
先生方の中には、結婚や出産といったライフイベントやUターンによって、三重県への転入や三重県内での転職を考えている方もいることでしょう。
そこで今回は、そのような際にぜひ知っておきたい三重県の医師の転職事情と現状についてお話ししていきます。

三重県の医師数と医師不足が深刻な科について

岐阜県の人口10万人あたりの医師数は217.0人(平成28年)とであり、全国平均の240.1人(平成28年)を下回っています。
また、全国順位は36位とワースト10位に入るのです。

 

さらに、三重県は全体の医師数も近畿地方で最も少なく、隣県の京都府と比べると、全体の医師数で半分以下、人口10万人に対する医師数では、京都府の340.9人(平成28年)と比較すると123人以上も下回ります。
三重県は医師不足が深刻であることがよくわかりますよね。

 

この1番の理由には、三重県の交通の便の良さから、キャリア志向の医師が大阪府や京都府、愛知県など近郊の都道府県に流出してしまうことがあげられます。
三重県は、大阪や京都、名古屋に地域によっては1時間ほどで行くことが出来るほど、交通の便がよいのですよ。

 

また、三重県には医学部を有する大学が三重大学しかなく、医師の確保が十分ではないことも、三重県の医師の絶対数的な不足の原因です。

 

診療科別の医師数をみてみると、三重県では特に人口10万人あたりの麻酔科の医師数が全国最下位であり、全国平均4.9人のところ2.3人となっています。
三重県の麻酔科医の不足はとても深刻であり、厚待遇の求人も多いです。

 

その他にも、医師の絶対的な不足が叫ばれている都道府県と同じく、内科や外科、整形外科、小児科、産婦人科、産科の募集が特に多くなっています。

 

特に麻酔科など、これらの科を専門とし、三重県と縁がある先生方、ぜひ三重県へ転入して県民のために尽力することを検討されてはいかがでしょうか。

 

三重県のへき地医療について

三重県は、他の多くの都道府県と異なり、医師の偏在による地域格差はあまり生じていません。
三重県には人口が集中している地域がなく、比較的分散されているからです。
また、県庁所在地である津市よりも四日市市の方が人口は多くなっています。

 

それゆえに、医師の偏在は問題になっていないものの、人口が分散されていることによりへき地医療、そしてへき地医療の崩壊が深刻です。
医師が偏在しているというより、そもそもの医師の数が足りていないのですね。

 

三重県にはへき地の診療所は24施設ありますが、事実、その中で休止中の診療所が2施設、常勤医のいない診療所は11施設もあります。
現在、県内7施設で代診派遣を行っていますが、もともと医師が少ない県ですので、全く足りていないのが現状です。

 

このような現状の三重県では、広く浅く診ることのできるジェネラリスト、すなわち総合診療医が強く求められています。
また、特に東紀州医療圏においては、へき地が多く医師が極端に不足しており、救命救急センターのある病院へも距離があるため、地域完結型医療ができるスキルをもつ医師が求められているのです。

 

南北に細長く、長い海岸線や盆地、山岳地帯などをもつ三重県は、局地的に大雪に見舞われる地域もあれば、最低気温が6度前後という温暖な地域もあり、それぞれの地域で気候が異なっています。
そしてそれぞれの地域に、人々が分散して住んでいるのです。
このような美しい風景を残す三重県の医療のためにも、深刻な医師不足に悩まされている三重県への転入、もしくは県内で転職をすることを検討されてはいかがでしょうか。

 

まとめ

ここまで、三重県の医療の現状と医師転職事情についてお話ししてきました。
三重県は、医師が絶対数的に不足しており、これに人々が南北に細長い県内に分散して居住していることにより、へき地医療の崩壊が深刻化しています。
ジェネラリストもしくは救急医としてスキルのある先生方、三重県へ転入もしくは県内での転職をして、へき地医療崩壊をくいとめるために尽力することを検討されてみてはいかがでしょうか。

人気コンテンツ

良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」 それは探す場所が違うからです!質の良い求人はこちら!

無料で活用できる大手転職サイト
各サイトで保有している非公開求人が異なるので最低でも3サイト以上の「転職支援サービス」の併用をオススメしています。