人気の転職サイト(登録無料)

医師が円満退職するためのコツ

医師が転職にあたって今の職場を退職するとき、意外と難しいのが円満退職です。医師は不足しているためなかなか次の人材が見つからない可能性もありますし、職場としては今まで働いていた人が辞めることは戦力ダウンになるため、できればずっと働いてほしいので引き止められることもあります。円満に退職するために円満退職のコツを知っておきましょう。

円満退職のための良いタイミングとは?

円満な退職を実現するためには、適切なタイミングで、退職する旨を伝えることが重要です。
なぜなら、医師不足が訴えられている現代において、多くの病院が人材の確保に苦労しているからです。
そのため、タイミングが悪いと強く引き留められたり、話を聞いてもらえなかったりする可能性があります。

 

期間に余裕をもった状態で伝える

そこで、退職のための適切なタイミングですが、まずは期間に余裕をもった状態で伝えることが必要です。
先ほどお話したように、人材不足を抱えている病院では直前に退職する旨を伝えても取り合ってもらえません。
ですから、早い段階で意思を伝えて話し合うことが重要です。

 

最低でも3か月、できれば半年くらい前から伝える

また、早い段階で意思を伝えてから実際に退職するまでの間にしっかりと現在の仕事をこなすことで、現在の職場に対して誠意を示すことができるかと思います。
誠意ある姿勢は、円満退職を後押ししてくれることとなります。
具体的なタイミングですが、最低でも3か月、できれば半年くらい前から伝えることをお勧めします。

 

円満退職のためにすべきこと

次に、円満退職するためのポイントを、幾つかご紹介します。

 

退職の意思を明確に示す

まずは、退職の意思を明確に示すことです。
こちらがあいまいな態度をとってしまうと、引き留めを受けたり、相手に不信感を与えたりしてしまいます。
ですから、毅然とした姿勢ではっきりと辞める旨を伝えましょう。

 

人間関係や待遇などに対する不満を言わない

次に、退職する理由を述べる際に人間関係や待遇などに対する不満を言わないことです。
不満を漏らしてしまうと、それに対する解決策を提示して引き留められる恐れがあります。
結果として退職できたとしても、病院側と禍根を残すことになりかねません。

 

最後に、退職後のビジョンを明確にしておくことです。
明確なビジョンを持つことで、退職する旨を伝える際に毅然とした態度でいられますし、退職する確かな根拠を得られます。

 

まとめ

ここまでお話をしてきた通り、円満な退職をするためには早めに行動を起こし、明確なビジョンを持った上で、退職する意思を伝える必要があります。
そして、意思を伝える際には、はっきりとした態度で前向きな理由を述べましょう。
そうすることで、円満な退職を成し遂げ、病院側から応援してもらえるような関係を構築することができるでしょう。