人気の転職サイト(登録無料)

医師の転職活動の始め方

医師の皆さんが転職しようと思った時、そのきっかけとなるのは医師不足による激務による待遇であったり、家族との時間があまり確保できないということや、人間関係であったり、と様々ですが、いざ転職活動を始めようと思った時、まず何をしたらいいかわからないという先生もいるかと思います。しかし行き当たりばったりで転職活動を進めると後々困ることもあるはずです。ですので今のうちに、転職活動をどのように始めたらいいのかを確認してみましょう。

医師の転職活動の流れ

前半は、医師の転職活動の流れについてご説明します。

 

転職したいのかという理由を明確にする

まずは、なぜ転職したいのかという理由を明確にする必要があります。
「なんとなく、今の病院を辞めたいなあ」とお考えの先生は、もし転職が成功したとしても、転職先でまた同じような不満を感じてしまうことになってしまいます。
さらに、転職したい理由を先生ご自身で書き出してみることで、その後の病院選びや面接などがスムーズに進みます。

 

医師の求人を探す。

次のステップとしては、医師の求人を探します。
これについては後述しますが、求人を探す方法としては、主に「医局制度を活用する」、「自分が行きたい病院に直接応募する」、「友人、知人から紹介を受ける」、「転職サイトを活用する」などがあります。
求人を探し、先生の条件に合った病院が見つかった後は、病院の採用担当者との面接を行い、採用されれば、転職が成功するという流れになります。

 

医師の求人の探し方

医師の方々が転職する場合には、どのような方法があるのでしょうか。
具体的には、主に以下のような方法があります。

・医局制度を活用する。
・自分が行きたい病院に直接応募する。
・友人、知人から紹介を受ける。
・転職サイトを活用する。

 

医局制度を活用する場合、転職自体は可能ですが、自分が希望する病院に転職することは難しい場合が多いです。
また、条件の交渉も難しいため、自分が望んだ形の転職はなかなかできないかもしれません。

 

自分が行きたい病院に直接応募する場合は、転職の選択肢自体は多いです。
しかし、転職の際に必要な書類作成の際や面接の支援などのバックアップがありません。そのため、負担が大きくなっています。

 

友人、知人からの紹介を受ける場合は、待遇の交渉はしやすいかもしれません。
しかし、自分で病院に直接応募する場合と同様にバックアップがあまり期待できないため、やはり負担は大きくなってしまいます。

 

こちらのサイトでは、「転職サイトを活用する」という方法をススメしています。この方法は、しがらみが少なく、自由度が高く、さらには手厚いバックアップも受けることができる方法です。

 

転職サイトとは?

新しい職場を見つけるための、転職サポートサービス

転職サイトとは、転職を考えている先生が新しい職場を見つけるための、転職サポートサービスです。
転職サイトには、転職をサポートしてくれる「キャリアアドバイザー」がいます。

 

適した求人情報を提供

キャリアアドバイザーは、メールや電話、または、実勢に面談をして先生の現状や転職先に関する希望を聞いた上で、先生に適した求人情報を提供してくれます。

 

また、キャリアアドバイザーは、各先生の希望を踏まえた上で病院の情報を調べてくれるので、先生ご自身で病院を調べるよりも手間をかけずに多くの情報を得ることが出来ます。

 

書類作成や面接の支援

その他、キャリアアドバイザーは、書類作成や面接の支援もしてくれます。
更には、給与や労働時間などの労働条件に関しても交渉をしてくれます。

 

このように、始めはインターネットからの申し込みですが、実際にキャリアアドバイザーから有意義な情報を得たり、支援を受けたりできるのが、転職サイトの強みです。
転職サイトを利用することで、転職を考えている多くの先生の不安が解消されるでしょう。

 

面接の準備をしよう

転職したいと思う病院が見つかったら、面接の準備をしましょう。
面接は希望する病院で入職できるかどうかを左右する重要なファクターです。
ですから、きちんと面接の準備をすることをお勧めします。

 

面接のために準備することとしては、次のようなことが挙げられます。

・希望先の病院の情報を集める。
・想定される質問に対する回答を用意する。

 

希望先の病院に関する情報を集る

まずは、希望先の病院に関する情報を集めましょう。
集めた情報が質問に対する回答の根拠になることがあります。
そして何より、何も知らない状態で面接に臨むと、面接官に「この先生は本当にここで働く気があるのかな?」という疑問を抱かれてしまう恐れがあります。

 

質問に対する回答を用意する

想定される質問に対する回答を用意することも重要です。
質問の例としては以下のようなものがあります。

・なぜこの病院を希望したのか。
・なぜ現在勤めている病院を辞めるのか。
・先生ご自身がこの病院で活かすことができる強みは何か。

 

上記の質問の他にも「最後に何か聞きたいことはありますか。」という逆質問も、割と頻繁に聞かれる項目です。
質問に対してなかなか回答できずにいると、面接官は先生に対してマイナスなイメージを持ってしまいます。
最低限これらの質問に対しては、はっきりと回答ができるように準備をしておくと良いでしょう。

 

まとめ

転職活動を始める方法としては幾つかの方法がありますが、その中でも特に、「転職サイトを活用する」方法をオススメさせて頂きました。
転職サイトは、先生の現状や今後の希望を反映した病院情報と、転職に必要なバックアップを提供してくれるはずです。

 

また、キャリアアドバイザーから支援を得ることは精神的な支えにもなります。

医師の転職サイト 厳選3社はこちら

医師転職ドットコム マイナビDOCTOR エムスリーキャリア

先生の転職満足度94.7%、年収アップ率146.6%40,000名以上の医師が選んだ転職サイト。求人数は業界最大級の39,480件以上。満足度94.7%と納得の対応とサポート。

≫詳しくは公式サイト

独占求人、非公開求人も紹介可能!年収交渉、待遇交渉も医療機関と調整。希望に沿って求人をご提案。独占求人、非公開求人も紹介可能。産業医などの企業求人が充実。

≫詳しくは公式サイト

88.7%が年収アップに成功!エムスリーキャリア限定の非公開求人。転職した医師の満足度96.1%と高い評価。業界最高水準の条件交渉力。88.7%が年収アップに成功。

≫詳しくは公式サイト

大手転職サイトは、各社で非公開求人が違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、医師転職サイトの最大手「医師転職ドットコム」は必ず登録をしておくと良いでしょう。≫医師転職ドットコム公式サイト(無料)