人気の転職サイト(登録無料)

女性医師の方々はこれまで、高い志を持って医師を目指し、弛まぬ努力してその夢をつかんだ事でしょう。
しかし、女性としての夢も叶えたいと思っている女性医師の方も多いのではないでしょうか。
今回は、医師としても、女性としても満足した人生を送るための転職について、様々な角度からご紹介したいと思います。

女性医師の転職

女性医師の割合は年々増加

日本医師会によると、女性医師の割合は年々増加しているという事です。
なかでも、産婦人科や小児科で20代の女性医師の割合が半数を上回っている現状もあるため、若い女性医師のキャリアサポートが急務となっています。

 

日本の女性医師の就業率も、一般女性の就業率と同じようにMカーブとなっていて、結婚・出産・子育てのために一時的に離職する女性医師も多いです。

 

女性医師の需要が増している

今の日本では、女性医師の需要が増しています。
女性専用外来やレディース外来が年々増加を続けています。
このような外来が増えている理由は、単に「男性に身体を見られたり、触られたりするのが嫌だ、抵抗がある」、「女性医師に診てもらいたい」などが多いです。
心理的な面からも「女性の悩みは男性に理解してもらえないのではないか」と懸念している女性も多いようです。

 

特に、デリケートな話になる事の多い産婦人科においては、男性医師には女性の細かな心理状態を汲む事が難しいという実態もあります。
このような風潮も高まっている事から、女性専門の外来が増加するというのもやむを得ないのでしょう。

 

女性外来の需要が増すとなると、必然的に女性医師の需要も増します。
とはいえ、プライベート時間の多くを犠牲にしなくてはならないのであれば、女性医師を志す方々にとっても負担が大きいですよね。
では、女性医師が女性としての人生も送りつつ、医師としての職責を果たすにはどうすれば良いのでしょうか。

 

厚生労働省が行っている、女性医師のキャリアサポートのための政策

ここでは、厚生労働省が行っている、女性医師のキャリアサポートのための政策を3つご紹介します。
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000055216.pdf

 

女性医師等就労支援事業

一つ目は、女性医師等就労支援事業です。
女性医師の再就業が困難である事の大きな要因として、子育て、夫の転勤、日進月歩の医療の現場に戻りづらいなどの理由が挙げられます。

 

このため、厚生労働省は、出産・育児による離職後の再就業に不安を抱える女性医師に対し、各都道府県で相談窓口を設置する事を促進しています。
そして復職のための研修受入医療機関の紹介や出産・育児と勤務の両立を支援するための助言や就労環境の改善を行うように各都道府県に促しています。
このように、女性医師等就労支援事業とは、女性医師の離職防止や再就業の促進を図るために都道府県に対し、必要な経費を補助するものです。

 

女性医師支援センター事業

二つ目は、女性医師支援センター事業です。
厚生労働省は、女性医師がライフステージに応じて働く事のできる柔軟な勤務形態を促進するため、パートタイム勤務等の職業斡旋事業を日本医師会へ委託しています。

 

日本医師会は、女性医師支援センターを設置し、日本医師会女性医師バンクを設けて、女性医師のライフステージに合った転職先を提示しています。
日本医師会女性医師バンクでは、登録された求職者一人一人に対し、担当のコーディネーターがつきます。
そして、コーディネーターが、各求職者の事情に合わせ、きめ細かいサポートを行います。

 

病院内保育所事業

三つ目は、病院内保育所事業です。
厚生労働省は、子供を持つ女性医師、看護職員といった医療従事者の離職防止・再就業を促進するため、病院内保育所の運営に対する支援を行っています。
病院内にある事によって、わざわざ遠い保育所に送り迎えをする必要もなくなり、女性医師が、出産・子育てを安心してできる手助けになります。

 

このように、厚生労働省は様々な対策を練っています。
これらの政策を利用して、出産・子育てをしながら医師として働く事は可能になります。

 

女性医師におすすめの診療科や、仕事形態

ここから、女性医師におすすめの診療科や、仕事形態をご紹介したいと思います。
やりたい診療科につくのが一番良いのですが、出産や子育てのことを考えると、復帰のしやすさや、当直がない事、体力的に子育ての余裕を残せる事などを考慮せずにはいられない方もいると思います。

 

外科系は、指が細く器用な女性にはぴったりなのですが、技術が大事な診療科でもあるため、ブランクがあると復帰しにくいです。
また、外科医は長時間に及ぶ手術をこなさなくてはならない事も多く、子育てをしている女性にとっては体力的に厳しいとも考えられます。

 

やはり、出産・子育てもしっかりこなしたいと考えている女性医師には、内科系や皮膚科、眼科などがおすすめとなります。

 

転職サイトを活用する

しかし、病院によっては、女性医師の出産・子育てを支援するような体制が出来ているところも多くあります。
自分のライフステージに合った職場を探すには、日本医師会の女性医師バンクでコーディネーターに相談するか、転職サイトを活用する事をおすすめします。

 

転職サイトでは、様々な条件に合わせて転職先を探す事ができ、さらに、口コミが多くあるため、病院内の実情を知る事が出来ます。

 

大手の医師転職サイト(無料)

@ 医師転職ドットコム 先生の転職満足度94.7%、年収アップ率146.6%

A マイナビDOCTOR マイナビが運営、独占求人、非公開求人も紹介可能。
B エムスリーキャリア 医師の満足度96.1%、88.7%が年収アップに成功。
C リクルートドクターズキャリア リクルートが運営、常時2万件以上の求人。
D 民間医局 全国に15拠点、当直なしの常勤求人が多数。

 

病院内の雰囲気はとても大事な要素の一つです。
特に、子育て中の女性医師にとって、子育てに協力的な雰囲気のある職場でなければ、子供が風邪を引いたときや、子供の学校行事のために休みにくくなってしまいます。
転職サイトで、自分に合った職場先を見つけたら、実際にその職場の雰囲気を確かめに出向いてみる事をおすすめします。

 

女性医師の転職で大事なこと

ここからは、女性医師が転職をするときに大事なことをご紹介します。

 

転職先に求める条件をはっきりさせておく事

転職するときに、一番大切な事は、転職先に求める条件をはっきりさせておく事です。
自分のなかで優先順位をつけ、キャリアより家庭を優先するのか、キャリアも積みつつ家庭と両立させたいのか、よく考えてみてください。

 

女性医師の先生方は、その多くが高い志を持ち、努力して医師になったのだと思います。
ですから、キャリアも捨てがたいという方も多いはずです。

 

さらには、キャリアを積みつつ出産・子育てもしっかりこなしたいというストイックな方もいらっしゃると思います。
自分はどのような働き方をしたいのか、はっきりとしたビジョンを持ち、転職先に求める条件で譲れるところと譲れないところの境界をはっきりさせる事も大事です。

 

自分自身のキャパシティも知っておく事

また、自分自身のキャパシティも知っておく事も大切です。
誰しも歳をとっていくと体力は衰えます。
仕事も子育ても無理をしすぎて、身体を壊してしまったら本末転倒です。
どちらも全力でやりきりたいという気持ちも消せない方も多いと思いますが、自分のキャパシティを超えない範囲でうまくやっていく事が最も難しく、大切な事であると思います。

 

優先順位をつける事は容易ではないですが、自分で納得するまでしっかり考えて後悔のないようにして下さい。
自分の仕事に誇りを持って、両立が難しい診療科でも食らいつくのも、子供のために両立できる診療科や病院に移るのも、どちらも素晴らしい選択だと思います。
自分の描く理想に少しでも近づくために、よく考えて選択しましょう。

 

悩んだときは、近くの上司、同僚、友人に相談する事もできますし、日本医師会女性医師バンクで相談する事もできますし、転職サイトのコンサルタントに話しを聞いてもらうのも選択肢の一つだと思います。
ぜひ、じっくり考えて自分の答えを見つけて下さい。

 

まとめ

ここまで、女性医師の転職をテーマに、女性医師のための政策や、女性医師が転職する際に気をつけて欲しいポイントなどをご紹介してきました。
20代の女性医師の方は今後、出産・子育てをできるのかという不安もあると思います。
仕事も家庭も大切にしたいと思っている方は、どうぞ諦めないで下さい。
今の時代、様々な働き方があります。
自分の理想をしっかり持ち、それに近づくために転職も視野に入れてみてはどうでしょうか。

医師の転職サイト 厳選3社はこちら

医師転職ドットコム エムスリーキャリア マイナビDOCTOR

先生の転職満足度94.7%、年収アップ率146.6%40,000名以上の医師が選んだ転職サイト。求人数は業界最大級の39,480件以上。満足度94.7%と納得の対応とサポート。

≫詳しくは公式サイト

88.7%が年収アップに成功!エムスリーキャリア限定の非公開求人。転職した医師の満足度96.1%と高い評価。業界最高水準の条件交渉力。88.7%が年収アップに成功。

≫詳しくは公式サイト

独占求人、非公開求人も紹介可能!年収交渉、待遇交渉も医療機関と調整。希望に沿って求人をご提案。独占求人、非公開求人も紹介可能。産業医などの企業求人が充実。

≫詳しくは公式サイト

大手転職サイトは、各社で非公開求人が違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、医師転職サイトの最大手「医師転職ドットコム」は必ず登録をしておくと良いでしょう。

≫医師転職ドットコム公式サイト(無料)