人気の転職サイト(登録無料)

医師の職務経歴書を書くコツ

転職活動の際、履歴書は自分をアピールするための重要なツールですが、職務経歴書も同じくらい重要なツールです。
特に医師の職務経歴書は他の業種とは違った書き方をするため、書き方の確認は重要です。
では医師の場合、職務経歴書はどのように作成すればいいのでしょうか。

職務履歴書とは?

そもそも職務履歴書とは何なのでしょうか。
職務履歴書とは、「これまでに自分がやってきたこと」を説明する書類のことを指します。
自分がやってきたことの中には、以下のようなものが含まれます。

・どのような職に就き、どういう仕事をしたか
・どのようなスキルを持っているのか

 

これらの要素を書類にまとめ、それを読み手に読んでもらうことで自らのプレゼンテーションを行うイメージです。
履歴書とは違い、規格があるわけではありません。
また、文字数が膨大で書き直しが面倒であるため、通常はワードで作成します。

 

書き方

レイアウトを心がけて作成する

まず、職務履歴書を書くにあたって念頭に置きたいことは、できるだけ読みやすいものを作るということです。
読みにくいものを提出したところで、先生ご自身の良さを伝えることはできません。
簡潔な文章、見やすいレイアウトを心がけて作成するようにしましょう。

 

次に、書くべき内容に関してですが、主な内容としては、以下のことが挙げられます。

・職歴
・免許、経歴
・専門分野
・所属学会など
・研究内容、論文など
・自己PR

 

これまで先生が担当してきた業務

職歴に関してですが、これまで先生が担当してきた業務をまとめましょう。
勤務した病院名、症例数、担当科目などを書きましょう。
この時、分量が非常に多くなるようであれば、転職先に関係する項目を優先しましょう。
箇条書きにするとまとめやすいかと思います。

 

履歴書に書ききれなかったものを書く

免許、経歴に関しては、履歴書に書ききれなかったものを書きましょう。
また、所属学会、研究内容、論文に関しても同様です。
この時もシンプルにまとめるために、箇条書きにするのが良いでしょう。

 

1つ1つの文を短く区切る

得意分野や自己PRに関してですが、ここは先生の魅力が強く反映される場です。
簡潔な文章で読み手がしっかりと呼んでくれるような文章にしましょう。
1つ1つの文を短く区切ると読みやすいです。

 

志望先の施設に関連した項目を盛り込む

最後にとっておきのポイントをご紹介させて頂きます。
それは、志望先の施設に関連した項目を盛り込むことです。
志望先の施設について調べ、先生ご自身の長所の中からそれらに関連するものを優先して書くようにすると、より一層、志望先の人事担当者に好印象を与える事ができます。

 

まとめ

このように、職務履歴書というのは、先生ご自身をプレゼンテーションする書類です。
ですから、まずは読みやすいものを作るという意識で作成しましょう。
その上で、上記項目をもれなく書き込み、先生の長所や強みをしっかりと伝えましょう。
良い職務履歴書を作ることが、先生の望む転職を実現するための大きな一歩となります。

医師の転職サイト 厳選3社はこちら

医師転職ドットコム エムスリーキャリア マイナビDOCTOR

先生の転職満足度94.7%、年収アップ率146.6%40,000名以上の医師が選んだ転職サイト。求人数は業界最大級の39,480件以上。満足度94.7%と納得の対応とサポート。

≫詳しくは公式サイト

88.7%が年収アップに成功!エムスリーキャリア限定の非公開求人。転職した医師の満足度96.1%と高い評価。業界最高水準の条件交渉力。88.7%が年収アップに成功。

≫詳しくは公式サイト

独占求人、非公開求人も紹介可能!年収交渉、待遇交渉も医療機関と調整。希望に沿って求人をご提案。独占求人、非公開求人も紹介可能。産業医などの企業求人が充実。

≫詳しくは公式サイト

大手転職サイトは、各社で非公開求人が違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、医師転職サイトの最大手「医師転職ドットコム」は必ず登録をしておくと良いでしょう。

≫医師転職ドットコム公式サイト(無料)