人気の転職サイト(登録無料)

医師が入職までにすること

転職活動が成功して新しい職場に入職することが決まった時、するべきことがあります。
それは入職の準備をすることです。あらかじめ入職前に準備をしておくことで、転職後もスムーズに仕事が始められるでしょう。

入職の準備に必要な書類

入職の準備にはいくつか必要な書類があります。
滞りなく手続きを行うためにもきちんとそろえておきましょう。
具体的には、以下の書類を集めます。

・年金手帳
・雇用保険被保険者証
・源泉徴収票
・健康保険被扶養者異動届
・給与振込先届書
・扶養控除等申告書

 

これらのうち、雇用保険被保険者と源泉徴収票は退職時にもらう書類ですので、忘れずにもらうようにしましょう。
また、扶養控除等申告書は、社会保険、税金、手当などを計算する際に必要ですが、これらは転職先から配布されます。
そして、給与振込先届書に関してですが、これは、企業によって形式が異なります。
基本的には、給与を振り込む口座を転職先に提出しますが、場合によっては振込先の通帳のコピーの提出を要する場合もあるので、適宜、準備しましょう。

 

上記の書類は、もともと自分で保有している物、退職先からもらう物、転職先からもらう物と、様々なところから調達しなければなりません。
混乱しそうにはなりますが、これらの書類をすべてそろえなければ、入職できない場合もあります。
そのような事態を避けるためにも、一つ一つ確認しながら書類をしっかりと集めるようにしましょう。

 

現在の病院を去るときにすること

現在の病院を退職する際にもやらなくてはならないことがあります。

 

返却しなければならないもの

それは、様々な物の返却です。
返却しなければならないものとしては、以下のようなものがあります。

・健康保険非保険者証
・身分証明書類(社員証やIDカードなど)
・通勤定期券
・備品(参考資料や書類など)
・業務用の関係書類
・名刺
・制服

 

一見、返却するものが非常に多いように感じますが、これらの物には共通点があります。
それは、これらの物は全て病院が所持する物や、資産であるという点です。
例えば、名刺一枚であっても、仕事を通じて知り合った人の名刺は、病院の物になりますし、先生が発注したとしても病院のお金で購入した書籍は、同じように病院の物になります。
病院の所有物だと思ったものは、全て返却しておきましょう。

 

まとめ

医師が入職するときにやるべきこととしては、入職の際に必要になる書類を集めること、所属していた病院の物を返却することが挙げられます。
これらの作業を滞りなく進めることで、すっきりとした気持ちで現在の職場を去り、新しい職場に向かうことができます。

医師の転職サイト 厳選3社はこちら

医師転職ドットコム エムスリーキャリア マイナビDOCTOR

先生の転職満足度94.7%、年収アップ率146.6%40,000名以上の医師が選んだ転職サイト。求人数は業界最大級の39,480件以上。満足度94.7%と納得の対応とサポート。

≫詳しくは公式サイト

88.7%が年収アップに成功!エムスリーキャリア限定の非公開求人。転職した医師の満足度96.1%と高い評価。業界最高水準の条件交渉力。88.7%が年収アップに成功。

≫詳しくは公式サイト

独占求人、非公開求人も紹介可能!年収交渉、待遇交渉も医療機関と調整。希望に沿って求人をご提案。独占求人、非公開求人も紹介可能。産業医などの企業求人が充実。

≫詳しくは公式サイト

大手転職サイトは、各社で非公開求人が違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、医師転職サイトの最大手「医師転職ドットコム」は必ず登録をしておくと良いでしょう。

≫医師転職ドットコム公式サイト(無料)