人気の転職サイト(登録無料)

産業医局の評判、口コミ、特徴

現在あまり専門としている先生はいないものの、必要不可欠なのが産業医です。
健診で異常を指摘されても仕事が忙しいからと、通院を躊躇してしまう人がいますよね。
こうした背景から、忙しく働くサラリーマンたちの支えとして今、産業医の需要が高まりつつあるのです。
そんな産業医の転職を専門に扱うのが「産業医局」です。

産業医になる女性医師の求人専門のサイト

産業医の職務は、一言でいうと労働者の「健康管理」ですが、健康障害の予防や心身健康の保持、増進を助けるため、多岐にわたるものとなります。
現在日本では労働安全衛生法により、会社の規模によって一定数の産業医を配置しなければいけません。
医師の資格をもつ先生方の常駐が定められているということは、それだけ産業医が重要な役職であるということを意味します。

 

さらに現在は働き方改革をはじめ、どんどん雇用者側の勤務形態も変わり始め、産業医が診断し、産業医が関わる場面がどんどん増えてきています。
昨今ではストレスの増大による職場におけるメンタルヘルス対策への活動も重要な分野となってきております。

 

現代の産業医には新型うつ病患者の増加から現代人の多種多様なストレスを早く見つけて、介入していくというスキルが求められているのです。
メンタルヘルス面での企業側からの相談や、問題が増加している中で、産業医の資格として精神科、あるいは心療内科の専門医を希望される企業もどんどん増加してきています。

 

特にメンタルヘルス面では社員一人一人が抱えている精神科的な問題は多様であり、「主訴」として明確に表すことができないという方もいらっしゃいます。
産業医という第三者の関わりが、現代企業にとっては重要なのです。

 

産業医にとってただ日常の健診のような業務をこなしていくだけではなく、介入の必要性が増えてきています。
仕事や職場生活で悩みやストレス等を感じる労働者の増加など職種や環境により背景は様々ですが、相談しやすく話しやすい女性医師を希望する企業の声が多く寄せられています。

 

女性従業員に関して言えば、少子高齢化の現在、女性労働者の活用が求められる一方、働く女性はストレスにさらされ月経不順などを来し、女性ならではの健康管理を求められています。
女性の問題はやはり女性に相談したいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで、ただ産業医を設置するというだけではなく、求められている職場に女性の産業医を派遣するということが必要になります。
このように、現代社会において産業医の需要はどんどん高まっていますが、なかなか人材の確保ができていないのが実際です。

 

人材不足、そしてバリバリ働きたいという医師の心強い味方になるのが「産業医局」なのではないでしょうか。
産業医局では、その名の通り産業医の求人情報を専門に扱っています。

 

さらに、産業医局は女性医師の転職活動を専門に取り扱っている転職サイトです。
産業医の就職だけではなく、女性医師のキャリアアップ、そして出産後の復職・育児と言ったライフワークバランス設計に強い転職サイトなのです。

 

「産業医局」を運営している株式会社グランツは、他にも「健診医局」、「女性医局」といった女医の転職、求職活動に特化した転職情報を扱っている企業でありますので、女性と医師の両立に関しては強い味方であるといえるでしょう。

 

女性医師の数が増えてきているものの、結婚・出産を機に勤務形態について考えていかなければいけないというのが女性医師の現状です。
女性医師もネットから転職活動を始める時代になりつつあるのです。

 

さて、そんな「産業医局」では、女性の産業医を募集しています。
募集されている勤務地は主に関東圏です。
産業医でのお仕事募集ですから、業務内容は一般的な産業医と同じであり、勤務時間も9:00~17:00となっております。
報酬に関しましては明記されておりませんので、詳しく情報を知りたいという方は「産業医局」にお問い合わせしてみてください。

 

現在(2019年3月)では募集されている求人情報はかなり少なく、募集が終了されている求人情報も含まれています。
しかし、「産業医局」には非公開求人も隠されているとのことですから、産業医の情報に興味があるという方はぜひ会員登録の上で転職活動を開始してみてください。

 

産業医になりたいという先生方のキャリアもサポート

産業医は、やはり専門資格ですからどうしても専門医試験を受けなければ産業医として勤務していくことはできません。
産業医になるためには、他の専門医資格と同様に一定の条件が必要です。

 

厚生労働大臣の指定する者(日本医師会、産業医科大学)が行う研修を修了すること。
産業医の養成課程を設置している産業医科大学その他の大学で、厚生労働大臣が指定するものにおいて当該過程を修めて卒業し、その大学が行う実習を履修すること。
労働衛生コンサルタント試験に合格した者で、その試験区分が保健衛生であること。
大学において労働衛生に関する科目を担当する教授、准教授、常勤講師又はこれらの経験者であること、以上の4つが必要です。

 

産業医局では未経験の先生に向けた研修会を定期的に開き、産業医としてのスキルアップ等採用に向けたサポートしております。
産業医としての経験がないという先生には産業医資格を取るためのサポートを受けることができますし、産業医として勤務していたが一度現場から離れてしまったという先生も、研修を受けることで現場の感覚を取り戻すことができます。

 

産業医局は女性医師の再就職や子育てのサポートも行っていますので、家庭や育児のお悩みにもお答えすることができるでしょう。
産業医として第2の人生を歩んでみたいが、産業医としての経験はないという方もぜひ産業医として働いてみたいという方も、ぜひ「産業医局」にご相談してみてください。
およそ80%の産業医は精神科・心療内科以外の専門ですが、活躍されている女性医師はたくさんおります。

 

転職サイトの醍醐味は、自分の専門分野で働くことができる職場を探すということももちろんですが、再就職や新しい分野へ踏み出すこともサポートしてくれるということです。
そのために、「産業医局」では専任のコンサルタントが先生方に担当し、事前にヒアリングを行うのです。
産業医として勤務したいという場合にはぜひご相談してみてください。

 

勤務先は、東京23区、丸の内や六本木などの大手企業、上場企業のオフィスを中心に紹介されるそうです。
産業医としての職場に少し不満があるという場合にも、他の産業医としての勤務先を自力で見つけるということはなかなか難しいかもしれません。
そのような場合においても、転職サイトを有効活用し、先生方の働き方やライフスタイルに合った企業をコンサルタント共に探してみるのもよいですね。

 

まとめ

「産業医局」は、ご紹介しましたように女性医師の産業医としての勤務先を探す事ができる転職サイトです。
現在は非公開求人が多いものの、産業医の求人はもともと少ない傾向にあるという点を踏まえつつ、産業医を専門とするサイトという視点で見ると、良い転職情報が見つかるのではないでしょうか。
女性医師のキャリアアップサポートも行う女性に強い企業ですから、家庭や転職の悩みを気軽に相談しながら転職活動を進めてください。

医師の転職サイト 厳選3社はこちら

医師転職ドットコム エムスリーキャリア マイナビDOCTOR

先生の転職満足度94.7%、年収アップ率146.6%40,000名以上の医師が選んだ転職サイト。求人数は業界最大級の39,480件以上。満足度94.7%と納得の対応とサポート。

≫詳しくは公式サイト

88.7%が年収アップに成功!エムスリーキャリア限定の非公開求人。転職した医師の満足度96.1%と高い評価。業界最高水準の条件交渉力。88.7%が年収アップに成功。

≫詳しくは公式サイト

独占求人、非公開求人も紹介可能!年収交渉、待遇交渉も医療機関と調整。希望に沿って求人をご提案。独占求人、非公開求人も紹介可能。産業医などの企業求人が充実。

≫詳しくは公式サイト

大手転職サイトは、各社で非公開求人が違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、医師転職サイトの最大手「医師転職ドットコム」は必ず登録をしておくと良いでしょう。

≫医師転職ドットコム公式サイト(無料)