人気の転職サイト(登録無料)

奈良県の医師求人|医師不足と医師転職事情について

先生方の中には、結婚や出産を機に仕事場を変えることを検討される方もいるでしょう。
その中に、奈良県への転職を考えている先生もいるのではないでしょうか。
そこで気になるのが、奈良県の医療問題ですよね。
そこで今回は、そんな先生方のために、奈良県の医師転職事情と現状についてお話ししていきたいと思います。

奈良県の医師数について

奈良県の人口10万人あたりの医師数は全国平均を上回っています。
また、病床数や看護師数、全身麻酔数などが全国の平均レベルとなっています。
このように、奈良県では医療資源は全国平均程度にあります。

 

しかしながら、山岳地帯の南和地区は、勤務医が奈良県の医師数の5%未満に留まるなど、医療過疎となっています。
このように、南和地区での医療過疎に比べ、北部では奈良県の医療の大部分をシャアするなど、医療格差が問題となっています。

 

また、医療圏を超えた患者の移動が激しいという特徴があります。
北部の医療圏の患者が大阪市内の医療施設を利用するなど、大阪へ依存している部分があります。
その一方で、京都府の患者を受け入れています。
つまり、医療圏を超えたネットワークが必要とされると言えるでしょう。

 

これらのことから、奈良県では僻地医療に携わる総合診療医が必要とされていると言えるでしょう。
また、奈良県で働く先生方には、医療圏に留まらない広いネットワークを築くことが求められると言えるでしょう。
僻地医療に興味のある先生方、総合診療医の先生方は奈良県で働くことを検討されてみてはいかがでしょうか。

 

奈良県の救急医療について

奈良県では、長い間、産科を中心とした救急医療体制の不備が問題となっていました。
この問題は、救急医療体制が急速に整備されつつあることから、解決に向かっています。
しかしながら、未だに課題が残っているのが現状です。

 

それは救急医療体制・高度医療体制の遅れに加え、急性期に対応する公的病院の地域貢献機能が不足しているということです。
また、その一方で、回復期病床は増加していており、十分な供給がなされています。

 

これらの問題に対して、奈良県ではや急性期医療および高度な医療の集約化、また、急性期から回復期にかけてのネットワークの強化を進めています。
これにより、急性期から回復期・慢性期まで切れ目のない医療提供体制の構築を目指しています。

 

実際に、病床数や病床機能報告などを用いて、奈良県独自に各施設の医療機能を明確化させています。
これは、重症な救急や高度医療を担う「断らない病院」と地域包括ケアを支える「面倒見のいい病院」のいずれかに各施設を分け、それぞれの機能を強化させるというものです。
そして、これらの病院の連携を強化させ、患者に過不足のない医療を提供しようとしています。

 

この政策により、医療圏域ごとに機能の過不足が生まれないことがメリットとして挙げられます。
また、医療従事者にとって、自分の理想とする医療の形にあった病院が明確になるというメリットがあります。

 

この奈良県の政策から、医師には、各々の役割を認識して働くことが求められると言えるでしょう。
また、各機能病院との連携を十分にし、患者にとって過不足のない医療を提供することが求められると言えるでしょう。
奈良県で働くことを検討されている先生方は、各施設の機能と自分の理想とする医療とを照らし合わせて。転職先を検討してくださいね。

 

まとめ

今回は、奈良県の医師転職事情と現状についてお話ししてきました。
奈良県の医療資源は全国平均レベルとなっているものの、その地域格差が問題となっているのですね。
また、奈良県では、救急医療から慢性期医療まで切れ目のない医療を提供するために、各施設の機能を明確化させているという事でした。
奈良県の医療格差の解消と救急医療体制の整備のために、奈良県で働くことを検討されてみてはいかがでしょうか。

医師の転職サイト 厳選3社はこちら

医師転職ドットコム マイナビDOCTOR エムスリーキャリア

先生の転職満足度94.7%、年収アップ率146.6%40,000名以上の医師が選んだ転職サイト。求人数は業界最大級の39,480件以上。満足度94.7%と納得の対応とサポート。

≫詳しくは公式サイト

独占求人、非公開求人も紹介可能!年収交渉、待遇交渉も医療機関と調整。希望に沿って求人をご提案。独占求人、非公開求人も紹介可能。産業医などの企業求人が充実。

≫詳しくは公式サイト

88.7%が年収アップに成功!エムスリーキャリア限定の非公開求人。転職した医師の満足度96.1%と高い評価。業界最高水準の条件交渉力。88.7%が年収アップに成功。

≫詳しくは公式サイト

大手転職サイトは、各社で非公開求人が違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、医師転職サイトの最大手「医師転職ドットコム」は必ず登録をしておくと良いでしょう。≫医師転職ドットコム公式サイト(無料)