岡山県の医師求人|医師不足と医師転職事情について

皆さんは「住みたい田舎ランキング」で岡山県が上位にあることをご存知ですか?
そのためか、岡山県は医療資源が比較的充実しています。
そんな岡山県に転職しようとする時には、「自分が必要とされるのか」というのが大きな問題となるのではないでしょうか。
今回は、岡山県の医師転職事情と現状についてお話ししていきます。

岡山県の医師数について

岡山県は人口10万人あたりの医師数が全国平均を上回っています。
また、今後医療介護の需要が増加することが全国的に予想される中で、岡山県においてはその予測指数が全国平均を大きく下回ることが予想されています。
これらのことから、岡山県は医師不足と無縁の地域のように思えますよね。
しかしながら、そんな岡山県でも医師不足について課題を抱えているのです。

 

1つ目は診療科によっては医師不足となっていることです。
岡山県では、外科系、産婦人科、皮膚科が全国平均を下回っています。
外科系や産婦人科の専門医は全国的にも減少傾向にありますが、医療資源が多いとされている岡山県でさえも補えていないのが現状です。

 

2つ目は、地域による偏在が存在するということです。
岡山県では、岡山市と倉敷市といった岡山県南部に医療資源が集中しており、山間部の岡山県北部に医療資源が少ない傾向にあります。
実際に岡山県北部では、人口10万人あたりの医師数が全国平均を下回る地域もあります。

 

これらのことから、岡山県では外科系、産婦人科、皮膚科の専門医が必要とされていることが言えます。
また、僻地医療に興味のある先生、総合診療ができる先生が求められていると言えます。
外科系や産婦人科、皮膚科の先生方、僻地医療に従事することを考えている先生は、ぜひ岡山県への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

 

医療の充実のために

前述した通り、岡山県では医療資源が比較的充実していると言われています。
そんな岡山県ですが、医療のさらなる充実を目指して様々な取り組みがされています。

 

1つ目は、医学生のための地域枠制度の導入です。
岡山大学、広島大学で岡山県の地域枠の学生の募集を始めています。
これによって、岡山県の医師不足となっている地域で医療を支える医師を養成しています。

 

2つ目は「病院」完結型から「地域」完結型への医療の転換です。
これは中核病院と地域の診療所とのネットワークを密にすることで、生活習慣病の予防・治療を根強くさせること、在宅医療を充実させることを目的としています。
また、中核病院と地域の診療所との適切な役割分担によって、中核病院では重症患者を集中して診ることができるというメリットもあります。

 

これらの岡山県の取り組みから、岡山県では、地域医療を支える医師の養成ができる医師を必要としていることが言えます。
また、在宅医療や生活習慣病の予防を推し進める診療所で働くこと医師を必要としていることが言えます。
そして、中核病院にくる重症患者に対応できる知識と経験のある医師を必要としていることが言えます。

 

このように岡山県では、自分の役割をきちんと理解して、その役割を務める医師を必要としています。
自分のすべき役割を理解して、「医療先進県」とも言える岡山県で、「今後の日本の医療の目指す形を作ることに貢献したい。」と考える先生は、岡山県で働くことを検討されてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

今回は、岡山県の医師転職事情と現状についてお話ししてきました。
「医療先進県」とも言える岡山県ですが、医療についての課題とさらなる医療の充実のための取り組みがあるのですね。
「住みたい田舎ランキング」上位の岡山県であれば、たとえ僻地医療と言っても、不自由なく生活できるでしょう。
これからの日本が目指すべき医療の形を作るために、岡山県で働くことを検討されてみてはいかがでしょうか。

人気コンテンツ

良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」 それは探す場所が違うからです!質の良い求人はこちら!

無料で活用できる大手転職サイト
各サイトで保有している非公開求人が異なるので最低でも3サイト以上の「転職支援サービス」の併用をオススメしています。