栃木県の医師求人|医師不足と医師転職事情について

栃木県で転職活動をしようとしている医師の先生方に向けて、今回は栃木県の医療事情についてお話ししたいと思います。
栃木県で医師として働くにあたって、知っておくべきことはどのようなことなのでしょうか。
栃木県での転職の際は、ぜひこの記事を参考にしてください。

栃木県の医師数

栃木県で医師として働く際、県内の医師数は把握しておきたいものですよね。
栃木県の医師数は十分なのでしょうか。

 

2016年末のデータによりますと、栃木県の医師総数は4285人であり、これは過去最多という結果でした。

 

単純に医師総数を都道府県ごとに比較しても、都道府県ごとの人口が異なるためあまり参考になりません。
そこで、都道府県ごとの医師数の充足度を比較するために用いられるのが、人口10万人あたりの医師数です。
今回もこの指標を一つの目安に、栃木県の医師数についてみていきましょう。

 

栃木県の人口10万人あたりの医師数は、218.0人でした。
全国平均が240.1人であることから、栃木県の医師数が不足していることがうかがわれます。
OECD諸国の平均に至っては、約300人ということと比較すると、日本は全国的に医師数が不足しています。

 

栃木県だけに留まらず、多くの関東エリアの県で、医師の東京都などへの流出が深刻なのです。
医師不足に陥った栃木県など東京近隣の県は、医学部に地域枠を設けるなどさまざまな対策をしています。

 

栃木県で転職をお考えの医師の方は、栃木県の医師数が不足している事態であることを知っておきましょう。
そして、ぜひ栃木県の医師不足の問題に貢献されてみてはいかがでしょうか。

 

栃木県の僻地医療について

僻地はどの都道府県にも存在します。
ここでいう僻地とは、医療における僻地であり、医療に恵まれない地域のことを指します。
東京都ですら、都心から離れた島をもっており、そこはれっきとした僻地です。
僻地では医師不足が深刻な問題であり、場所によっては住民が受けられる医療が制限されているところすらあるのです。

 

次にこの僻地医療について考えていきたいと思います。

 

確かに、僻地で医師として働くとなると、尻込みする方が多いことだと思います。
僻地では医師やコメディカルなどの人員不足だけでなく、検査器具や処置器具なども不十分である可能性すら考えられます。

 

このような僻地で働く医師の不足が栃木県をはじめ日本各地で深刻なのです。
もちろん、栃木県でもこの問題は深刻です。

 

僻地医療は、先ほども言った通り、人手不足、医療機器不足があるのが現実です。
そのような状況下で、医師として自分ができる限りのことを尽くし、地域に貢献することが僻地医療の特徴です。

 

僻地医療は、一人の医師あたりの負担が大きい分、責任感も生まれます。
使命感もあります。
自分がいなければ助からない命もあります。
僻地医療では、このようにやりがいを十分に感じられるのです。

 

ですから、僻地医療は自分には無関係だと思っていた方も、ぜひ一度僻地医療に携わることを考えてみてください。
栃木県にも僻地は存在します。
大田原市、那須市、那須烏山市、鹿沼市、日光市などです。
これらの市は医療に恵まれた地域とは言えず、医師が不足しています。
ぜひ僻地医療についてこの機会に考え直してみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、栃木県で医師の方が転職するにあたって、知っておきたい情報をご紹介しました。
栃木県は、関東にあり都心へのアクセスが良い一方、医師不足という問題を抱えているようですね。
また、栃木県には僻地と呼ばれる、医療に恵まれない地域も数多く存在します。
このような栃木県の医療の現状を知っておくことが、栃木県で転職する医師の方にとっては大切なのです。

人気コンテンツ

良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」 それは探す場所が違うからです!質の良い求人はこちら!

無料で活用できる大手転職サイト
各サイトで保有している非公開求人が異なるので最低でも3サイト以上の「転職支援サービス」の併用をオススメしています。