秋田県の医師求人|医師不足と医師転職事情について

秋田県での転職を検討している医師の皆様に向け、今回は、秋田県の医療の現状などをご紹介したいと思います。
東北地方は少子高齢化や人口減少が問題となっています。
この影響を、もちろん秋田県の医療の面においても受けています。
今回は、そんな秋田県の医療について解説したいと思います。
是非転職の参考にしてください。

秋田県の医師不足と医師の偏在について

あるエリアの医師の充足度を評価する際に、しばしば人口10万人当たりの医師数というものが指標として使用されます。
今回も、この人口10万人あたりの医師数を一つの指標として秋田県の医師数について考えていきたいと思います。

 

全国平均は、人口10万人当たり医師数240.1人です。
これは、OECD諸国の平均値である約300人という数と比較すれば、日本全体でまだまだ医師数が不足していることがうかがわれます。
とはいっても、都市部での医師や病院は十分数あり、むしろ飽和状態にある地域すらあります。
問題は、医師の偏在なのです。
これはもちろん秋田県にも当てはまる問題なのです。

 

秋田県の医師の偏在の問題の前に、秋田県全体の医師数についてです。
秋田県の医師数は、平成28年の時点で、人口10万人当たり223.5人となっており、日本の全国平均を大きく下回っております。
また、これは全国47都道府県中32位という結果になっています。

 

このように、秋田県の医師数は全国と比較しても大幅に不足しており、医師数確保は秋田県の大きな医療の課題なのです。

 

先ほども説明した通り、医師数不足を考えるうえで、医師の偏在について考える必要があります。
秋田県は、大舘・鹿角医療圏、北秋田医療圏、秋田周辺医療圏、由利本荘・にかほ医療圏、大仙・仙北医療圏、横手医療圏、湯沢・雄勝医療圏といった医療圏に分類されています。
この医療圏ごとに医師の充足度が大きく差があることが秋田県では問題なのです。

 

秋田周辺医療圏では、人口10万人当たり311.2人の医師数が確保されており、特に秋田市は人口10万人当たり369.5人の医師数が確保されています。

 

これに対し、北秋田医療圏では人口10万人当たりの医師数は106.0人、湯沢・雄勝医療圏では人口10万人当たりの医師数は124.9人となっています。

 

これらのデータからも秋田県において、医療圏ごとに医師数の格差が顕在することが分かります。
秋田県で医師として働く際は、ぜひこの現状を知っておくべきなのです。

 

診療科ごとの医師の偏在について

秋田県の医師数の偏在は、地域ごとの偏在だけが問題なわけではありません。
もう一つの問題は診療科ごとの医師の偏在です。
産婦人科や小児科といった診療科は他の診療科よりも医師数の不足が深刻なのです。
産婦人科は特に、常に訴訟のリスクが高く、皮膚科などのマイナー科に比べて志望する医師が少なくなっているのです。

 

実際、鹿角・小坂地域で唯一お産ができた“かづの厚生病院”の分娩機能が、大館市立総合病院に集約されました。
これは、産婦人科医を派遣する秋田大学などの医師不足が理由となっています。
このように、秋田県内には自分の住み慣れた地域でのお産が不可能な地域すら出てきているのです。

 

医師の診療科ごとの偏在の問題も、秋田県の抱える大きな医療問題なのです。
秋田県で転職を考えている医師の皆様も、ぜひこの問題について一度真摯に向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

今回は秋田県の抱える医療上の問題について解説しました。
秋田県は医師数が全国と比較しても不足しており、特に秋田市以外の医療圏でその問題が顕著です。
地域ごとに受けられる医療に格差があるのは問題ですね。
また、診療科によっても医師数に差があります。
現に、産婦人科医師の不足によりお産が不可能になった地域すら秋田県には存在しています。
これらの問題について知っておくことが、秋田県で転職を考えるうえで大切です。

人気コンテンツ

良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」 それは探す場所が違うからです!質の良い求人はこちら!

無料で活用できる大手転職サイト
各サイトで保有している非公開求人が異なるので最低でも3サイト以上の「転職支援サービス」の併用をオススメしています。